main_text

about us

地震予兆研究センターについて

一般社団法人地震予兆研究センター(EPRC)は、 気象庁・国土地理院等の公的機関の観測データを統合解析することで、自然災害の被害を低減させることを目的に設立された研究機関です。 

内閣府の防災白書(平成26年度版)によると、1983年~2012年の全世界の自然災害による被害は「死者数約230万人・経済被害約250兆円」。

アジア地域は驚くべきことに全世界の自然災害被害の約半数を占めています。

EPRCは、大災害による「人的・経済的」被害を減少させるために、ビッグデータ解析による「データサイエンス」に取り組んでおります。 

eprc01

お知らせ

移転のお知らせ

この度一般社団法人地震予兆研究センターは2019年5月27日…

配信レポート