地震予兆解析レポート

地震予兆解析レポートについて

大地震発生前には、前兆現象として1〜6週間ほど前から通常とは異なる地殻変動や群発地震の増加が観測されます。 地震予兆解析レポートは、人工衛星から観測された最新の地殻変動値・方向と併せて、前週発生した地震震央地を表示することで 地殻変動と地震の相関性をご理解いただくとともに、同様な地殻変動や群発地震が観測された場合に、過去に発生している地震情報を 「心構え情報」として皆様にお伝えするものです。
併せて、動物の前兆的行動や地下水位の変化を重ね合わせ、大地震の発生の可能性をお知らせしています。

このレポートは賛助会員の皆様にお送りしています。
→賛助会員についてはこちら

原則毎週月曜日に登録されたメールアドレスに定期配信し、大きな異常値が観測された際には通常配信とは別に「臨時レポート」を配信しています。

また、英語版のレポートも配信可能です。

EPRCが解析している観測データ

観測データ 観測現象 提供元
電子基準点座標 地殻変動 GEONET(国土地理院)
地震(微弱地震含む) 群発地震、地震連鎖 一元化処理震源リスト(気象庁)
地下水水位 地殻内圧力 Well Web(産業技術総合研究所)
搾乳牛乳量 動物の前兆的行動 個人牧場、畜産試験場

地震予兆解析レポートサンプル

【ページ構成】
・前週配信のレポートの的中結果
・一週間以内に発生が予測される地域
・詳細ページ:北海道・東北・関東・中部・東海・近畿・中国・四国・九州・奄美大島・沖縄

地震予兆解析レポート表紙
表紙
今週発生の予測ページ
1週間以内の地震発生予測
詳細ページ2
詳細 例)関東
予測結果ページ
前週の的中結果
詳細ページ1
詳細 例)東北
詳細ページ3
詳細 例)沖縄周辺

臨時レポートサンプル

大きな異常値が観測された際や大きな地震が発生した際等に、通常の配信とは別に臨時レポートを配信しています。
異常値の検証と過去に発生した地震データと照らし合わせ、今後の予測をお知らせします。

臨時レポート①
臨時レポートサンプル1
臨時レポート1
臨時レポートサンプル2