JAF様の月刊誌ウェブサイト「JAF Mate Park」に
一般社団法人地震予兆研究センターの研究内容取材記事が掲載されました〈後編〉

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)の月刊JAF Mate Parkに一般社団法人地震予兆研究センターの取材記事が掲載され、本日WEB公開されました。〈後編〉

一般社団法人日本自動車連盟(東京都港区・代表理事 矢代 隆義)が「会員向けの有益情報」を毎月紹介している月刊誌JAF Mate Parkにおいて、一般社団法人地震予兆研究センター/自然災害研究センター(東京都港区・代表理事 佐藤克)の研究内容についての取材記事が掲載されました。
今回は前回の続き、後編をお送りいたします。

本日公開された後編では下記について掲載されておりますので、是非お目通しいただければ幸いです。

詳しくはこちら→地震等の自然災害を、ビッグデータで統合解析!EPRCの情報サービス【後編】

1)独自の解析技術「ISACO」は12種類のデータを活用
2)12種類のデータの補足
3)搾乳量と産卵数をリアルタイム解析!
4)自然災害による被害はまだまだ減らせる


〈JAF Mate Park〉

『JAFMATE』(ジャフメィト)とは、社団法人日本自動車連盟(JAF)が年10回(1月号と2月号、8月号と9月号は合併号)会員向けに送付している発行部数約1154万部の機関誌。
JAF Mate Parkは、専用webにおいて本誌とも連携して、様々な会員向け有益情報を掲載しているJAF会員向けサイト。