一般社団法人日本病院会様と災害に関する事前情報活用契約を締結






一般社団法人地震予兆研究センター/自然災害研究センターは、病院自体の被害リスク軽減、及び災害時医療活動における
事前計画の見直しのために、一般社団法人日本病院会と「事前情報活用契約」を締結しました。

全国2474病院が加入する一般社団法人日本病院会は、日本の病院の全ての経営主体が参加する広範な会員組織です。
大災害の時に地域住民の生命を守るための病院組織においては、災害リスクを事前に把握することが重要な課題の一つであります。
その為、一般社団法人日本病院会様と一般社団法人自然災害研究センターは、病院自体の被害リスク軽減、及び災害時医療活動における事前計画の見直しのために、
事前情報活用し、大災害の前に「備える」ことを目的した契約を締結しました。



この契約締結により、希望する日本病院会会員病院には、大災害発生24時間前までに一般社団法人自然災害研究センターから、被害予測を含めたアラート情報が配信され、災害リスク予測が通達されることになります。
一般社団法人自然災害研究センターでは、今後も社会全体の災害リスク軽減のために、各種団体・機関と連携を図ってまいります。

〈一般社団法人日本病院会〉

一般社団法人日本病院会は、会員数2478病院(2017.11)、日本の病院の全ての経営主体が参加する広範な会員組織です。当会は病院の活動と病院で働く者の行動の規範を定め、絶えず自浄作用を促し、医の倫理の高揚に努めています。

東京都千代田区三番町9-15ホスピタルプラザビル
電話 03-3265-0077
FAX 03-3230-2898
https://www.hospital.or.jp/
会長 相澤孝夫(社会医療法人相澤病院 理事長)


プレスリリース:詳しくはこちら


本件に関するお問い合わせ
一般社団法人地震予兆研究センター
事務局長 番場 秀敏
tel: 03-6432-0807 mail: banba@eprc.or.jp