一般社団法人地震予兆研究センターは地震発生予測情報によるリスクを最小限にする活動をしています。

お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

2016.4.25最新レポート

2016年4月25日に一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が、契約企業に対して配信した最新の「地震予兆解析レポート」を公開いたします。 【最新週の地殻変動】  ①近畿から沖縄とい …

M5地震発生状況(2016.4.20~21)

2016.4.20~4.21の二日間で、太平洋プレート境界などでマグニチュード5以上の地震が多発しています。熊本をはじめとする被災地では、未だに不安を抱えていると思われます。その為、直近2日間に発生している「世界中の地震 …

Details of 2016 Kumamoto Earthquakes

Earthquake prediction research center(EPRC) Representative director :Onoe Masataka (ED-CONTRIVE Co.,Ltd. Presi …

熊本地震についての考察

このたびの「平成28年熊本地震」におきまして、被災されました皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。 被災されました皆様への支援がより一層行われ、一日も早い被災地の復興を心よりお祈り申しあげます。 一般社団法人地震予兆研究セ …

地震予兆研究センター:2016年4月11日配信レポート

一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が、契約企業に対して毎週月曜日に配信している「地震予兆解析レポート」の最新版の一部を公開します。 この研究成果は、多くの契約企業のご支援で成り …

地震予兆研究センター:2016年4月4日配信「地震予兆解析レポート」

2016年4月4日に一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が、配信した最新の「地震予兆解析レポート」の一部を公開いたします。 2016/4/1 11:39 三重南東沖で発生したM6 …

2005/03/20福岡西方沖でM7.0の地殻変動検証

11年前の2005年3月20日午前10時53分に福岡県北西沖(玄界灘)で、マグニチュード7.0(モーメントマグニチュードでは6.7)・最大震度6弱の地震が発生し、死者1名、負傷者約1,200名、住家全壊約140棟の大きな被害をもたらしました。一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)では、地震発生から11年が経過した「2005年3月20日 福岡沖 M6.7」の地震について、改めて事前の地殻変動がどのようなものであったか再検証しました。

地震予兆研究センター:2016年3月28日最新レポート

一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が、毎週月曜日に契約企業に配信している「地震予兆解析レポート」の最新版の一部を公開いたします。 【東日本大震災から5年後の「東北地方の地殻変動 …

2016年3月21日配信レポート:一般社団法人地震予兆研究センター

一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が、2016年3月21日に配信した最新の「地震予兆解析レポート」の一部を公開いたします。 大地震発生前には、1~6週間ほど前から通常とは異なる …

表紙

地震予兆解析レポート【2016.3.14】

一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が契約している企業・自治体に配信しているレポートの一部を公開します。 東日本大震災から5年が過ぎ、先週「2016年3月7日」のレポートはレポー …

« 1 6 7 8 9 »

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人地震予兆研究センター All Rights Reserved.