一般社団法人地震予兆研究センターは地震発生予測情報によるリスクを最小限にする活動をしています。

お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

2016年3月21日配信レポート:一般社団法人地震予兆研究センター

一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が、2016年3月21日に配信した最新の「地震予兆解析レポート」の一部を公開いたします。 大地震発生前には、1~6週間ほど前から通常とは異なる …

表紙

地震予兆解析レポート【2016.3.14】

一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が契約している企業・自治体に配信しているレポートの一部を公開します。 東日本大震災から5年が過ぎ、先週「2016年3月7日」のレポートはレポー …

最新レポート【2016.3.7】無料公開

東日本大震災から5年が経過し、現在の状況を多くの方にご理解頂くために、 一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)では、 毎週月曜日に配信している「地震予兆解析レポート」の最新版(日本 …

2016年2月29日地震予兆解析レポート

一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が、2013年2月~契約企業・自治体に、有料で毎週月曜日に配信している「地震予兆解析レポート」の一部を公開します。 なお、「地震予兆解析レポー …

logo

2016年3月1日までに発生が予測される震度3以上の地震

2016年2月22日配信:地震予兆解析レポート 一般社団法人地震予兆研究センターが2016年2月22日配信した最新レポートの一部を紹介します。 この情報は本来、契約企業・自治体にのみ提供しているものですが、参考までに一部 …

ロゴ(mobile)

M6.2八丈島南方沖(2016年2月15日発生)

一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)では、2016年2月8日に配信した最新の「地震予兆解析レポート(2016年2月16日までに発生する地震)」において「房総半島の異常な地殻変動」を発表しました。その結果、八丈島南方沖にて「マグニチュード6.2」の地震が発生しました。

ロゴ(mobile)

房総半島の異常な地殻変動:地震予兆研究センター【速報】

一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が、平成28年2月8日に配信した最新レポートから、【重要】なTOPICSをご紹介いたします。 先週は、関東地方でマグニチュード4以上の地震が6 …

地殻変動

東北/関東地方の地殻変動:地震予兆研究センター(EPRC)

一般社団法人地震予兆研究センターが、2016年2月8日に契約企業・契約自治体に配信した最新の「地震予兆解析レポート」から、今週の主な地殻変動を紹介します。 【TOPICS】Prediction analysis of E …

2016年2月8日の地殻変動

「阪神・淡路大震災の記録」ストーリーマップ

1995年1月17日午前5時46分に発生した「阪神・淡路大震災」から20年の節目にあたり、阪神・淡路大震災の記録写真をオープンデータとして提供するWebサイト「阪神・淡路大震災『1.17の記録』」が神戸市より公開されまし …

ESRI JAPAN

阪神淡路大震災から21年目に寄せて

昨日1月17日は、6000人以上が犠牲となった阪神・淡路大震災から21年目の日でした。報道等で取り上げられることも、ひと頃よりも随分少なくなりました。神戸の街並みはきれいに復興を遂げ、2001年以降、人口は震災前を上回るに至りました。しかしながら、被災された方々、大切な方を亡くされた方々の悲しみ、後悔、喪失感は、消えるものではありません。一般社団法人地震予兆研究センター

EPRC
« 1 6 7 8 9 »

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人地震予兆研究センター All Rights Reserved.