1995年1月17日午前5時46分に発生した「阪神・淡路大震災」から20年の節目にあたり、阪神・淡路大震災の記録写真をオープンデータとして提供するWebサイト「阪神・淡路大震災『1.17の記録』」が神戸市より公開されました。

これを受け、一般社団法人地震予兆研究センターが、解析情報の最終アウトプットで使用しているプログラムの提供元のESRIジャパンでは、
全記録写真のうち、震災発生直後の被害状況を表す1995年1月に撮影された写真、
および復旧・復興状況を表す写真と想定撮影地点を示すマップを組み合わせた「阪神・淡路大震災の記録」ストーリーマップ4種を作成し公開されました。

20150116_HanshinAwaji4_twmap1-300x150
思いを新たにするために、ぜひご覧ください。


阪神・淡路大震災の記録(ビル・商業施設)

阪神・淡路大震災の記録(鉄道・駅、道路、みなと)

阪神・淡路大震災の記録(火災、液状化)

阪神・淡路大震災の記録(復旧・復興)


解説(ESRI JAPANホームページより引用)

神戸の街並みも今では復興が進み、20年前の面影が薄くなりつつありますが、
震災直後の写真と地図を組み合わせることで、改めて当時の被害の大きさを思い知らされます。
本マップを多くの方々に見ていただくことによって、阪神・淡路大震災の経験を次の世代に継承する一助となれば幸いです。

また、自治体が保有するデータを二次利用の容易なライセンスで公開することで、
アプリケーションやコンテンツの作成などの多様な活用方法が創出され課題解決に結びつくことを、本マップをとおして期待しています。

本マップはArcGIS Onlineの「マップツアー」というマップテンプレートを利用し作成しています。