一般社団法人地震予兆研究センターは地震発生予測情報によるリスクを最小限にする活動をしています。

シンポジウム東京会場

地域防災力向上シンポジウム
南海トラフ巨大地震/首都圏直下型地震の減災に向けた「最新の地域連携・地震予兆把握」

東京会場
日時平成29年3月9日(木) 基調講演・シンポジウム 15:00~18:00 懇親会 18:30~20:30
参加費無料
会場日本消防会館 ニッショーホール (交通アクセス
懇親会レストラン立山(交通アクセス
主催一般社団法人地震予兆研究センター
協力 全国消防長会、公益財団法人全国市町村研修財団

株式会社アースインフォメーション、日本危機管理保障株式会社、株式会社アイネットサポート、株式会ビーティス、株式会社エール・オー、株式会社初音、株式会社ラピニクス、株式会社Co-life、LLC災害対策研究所、株式会社ファーラウト、株式会社リーブルホーム、株式会社ニチワシステム、チカクネット株式会社
注意事項本シンポジウムへの反社会的勢力及び反社会的勢力と関係性が疑われる人物・集団の参加はお断りいたします。
スケジュール
15:00~15:10 主催者挨拶:林省吾(市町村アカデミー学長、元総務省事務次官)
15:10~15:40 基調講演 「IoT時代の災害と情報ネットワーク」
藤原 洋(株式会社ブロードバンドタワー代表取締役)

昭和52年3月京都大学 理学部(宇宙物理学科専攻)卒業。
株式会社インターネット総合研究所代表取締役、株式会社ブロードバンドタワー代表取締役会長兼社長CEO
文部科学省 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 経営協議会委員、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学評議会 評議員、総務省ICT 新事業創出会議構成員、総務省電波政策2020懇談会構成員、SBI大学院大学副学長教授、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授、京都大学宇宙総合学研究ユニット特任教授、工学博士(東京大学)
15:50~18:00 シンポジウム 「最新の地域連携・地震予兆把握」


藤原 洋(株式会社ブロードバンドタワー代表取締役)



meguro 目黒 公郎(東京大学 教授)

東京大学生産技術研究所。都市基盤安全工学国際研究センター長。
日本地震工学会会長、日本自然災害学会副会長、地域安全学会副会長、世界地震安全推進機構理事、国土交通省大規模地震・津波対策アドバイザリー会議委員
木曽 功(千葉科学大学 学長)

東京大学法学部卒業、イェール大学経営大学院修了
第2次安倍内閣内閣官房参与、文化庁文化財部長、文部科学省国際統括官、ユネスコ政府代表部特命全権大使などを歴任。
2016年より千葉科学大学学長を就任する。
島崎 修次(国士舘大学 防災・救急救助総合研究所 所長)

1940年、大阪生まれ。66年、大阪大学医学部卒。
筑波大学臨床助教授、米国セントルイス・ワシントン大学留学を経て、87年より杏林大学医学部教授、救命救急センター長を兼任。
2010/04~国士舘大学スポーツ医科学科 教授。2013/04~国士舘大学大学院 救急システム研究科 救急救命システム専攻教授。
一般財団法人日本救急医療財団 理事長(代表理事)
太田光明(東京農業大学 農学部教授)

東京農業大学農学部教授、並びに麻布大学名誉教授。International Society for Animal-Assisted Therapy 副会長。
「大地震の被災動物を救うために:兵庫県南部地震動物救助本部活動の記録」等著書多数。
地震前に見られる動物の異常行動(宏観異常現象)が地震予知に応用できると考える研究者。
森川 薫(元摂津市長、NPO法人地震予知ネット代表)

摂津市長在任中に発生した阪神淡路大震災への対応や、20年以上に渡る観測井解析による地震事前把握解析を紹介。
日本大学理工学部経営工学科土木専攻卒。社会人になってからすぐ地元摂津市消防団に入団、消防庁長官表彰を受ける。
摂津青年会議所を立ち上げ、5代目理事長、三宅小学校PTA会長、摂津市商工会専務、摂津市長4期16年等を務める。
熊谷行裕(株式会社新興技術研究所代表)

断層同士の圧力によって地震発生前に生じる「電磁波」を全国約100ヶ所のノイズ観測器(逆ラジオ)で観測し「くるかも」サイトで会員に情報を提供中。
2000年に電磁波による地震予知装置(当時くるぞー君)を開発し、以後17年に渡り装置のPR、装置の改良、予知実績の積み上げと予知精度の向上に携わる。
八木下重義(一般社団法人地震予兆研究センター長)

世界480地点のInternational GNNSや国内1380地点の電子基準点データ、更にESA(欧州宇宙機関)が運用する合成開口レーダー衛星「SENTINEL-1A」等のデータ解析により地殻変動を解析。
過去発生したM6以上の地震発生前の地殻変動値と照合することによって、地震発生前の通常とは違う地殻変動を解析。
東日本大震災は1か月以上前から異常な地殻変動を捕捉。
18:30~20:30 懇親会
レストラン立山(交通アクセス
参加の場合は3,000円(税込み)を当日会場受付にてお支払いください。

特定商取引に関する法律に基づく表記

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人地震予兆研究センター All Rights Reserved.